スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    7月31日(土)と8月1日(日)はお休みです。

     あさっての7月31日(土)は、いよいよ熊本市現代美術館で熊本アーティスト・インデックス展が開幕です!

     アートホーリーメン

     加藤笑平

     竹之下亮

     櫻井栄一

     ワタリドリ計画

     がギャラリーⅢで展示を行うようです。

     31日の14:00より、参加作家全員が揃い、アーティストトークが始まります!

     モヒカンはそのイベントを見るべく、31日は店休日となります。

     さらに翌日、8月1日(日)はイオンモール熊本クレア、ウエストスクエアにてアートスイッチVol.2が開幕!

     モヒカンポシェットブースでは、以前御紹介したゴブラン織りのワークショップを行います!

     ぜひ遊びに来てみて下さい!
     
     という訳で1日(日)も、申し訳ありませんが、お店はお休みとさせていただきます。

     宜しくお願いいたします~。
    スポンサーサイト

    モヒカンゴブランポシェット

    布を使ってポシェットや洋服をを作っていると、生地に悩むことが多々あります。

    それは誰かのデザインの生地であるからです。なので、無地で無垢なの生地を選ぶことが多いのですが、時に柄物も必要です。

    いつか自分の作った生地でポシェットを作りたいと思っています。

    そう考えているとふと思いついたのがゴブラン織り。クレアでワークショップするためにふすまから取り出して織っていると、生地の原型であることに気づく。

    これで生地を作ってポシェットにしてみようと出来あがったのがこれです。

    006_20100725225624.jpg 
    オレンジと白の絹100%の反物を1cm幅で縦に裂いてリボン状にし織って行きます。

    オレンジと白の幅広のストライプ柄の生地が欲しいな~と思っていても思ったような生地がなく断念していたポシェット。

    コサージュは革のコサージュです。質感の違う素材を持ってきたかったのです。

    手織りのゴブラン生地は厚くてミシンが通らないので、全面手縫いとなりました。

    肩ひもはビンテージのチロリアンテープ。

    モヒカンゴブランポシェットの処女作で、自信作です。

    作る時が一番無心で、いい作品が出来た時が一番幸せを感じる自分はひどく単純な生き物だな、と思います。





    新作ゴブラン織りのポシェット

    8月1日29日のクレアでのアートスイッチイベントに向けてゴブラン織りのワークショップをするために織り織り織り織り…。

    織っていら裂き布を糸に見立てて大きい作品を作りたいな…、と思いました。

    クレアでは新作のゴブラン織りポシェットを数点展示販売できたらな、と思います。

    若干まだ織りの作業に慣れていないため肩が凝るのが難儀ですが私なりの挑戦でございます!

    アートスイッチもvol.2となり楽しみにしていると言って下さる方がチラホラ❤嬉しいことですね~(^◇^)

    あと2週間。織り織り織り織り………


    ゴブラン織り糸張り

    ゴブラン織りの縦糸張り!
    001_20100711123552.jpg 
    8月1日29日のクレアでのゴブラン織りワークショップの際にお待たせしなくてもいいように3個分張りました。
    002_20100711124014.jpg 
    一個分の横糸の押さえ部分。この上から絹糸で織っていきます。

    003_20100711124207.jpg 
    絹100%の反物を縦に裂いて、ひとつずつ丸く束ね、色分けしてつるしてます。ここから好きな色を選んで織ってもらいます。
    005_20100711124525.jpg 
    黄色君も張り終えました。
    ゴブラン織りはあまり知られていないみたいです。マイナーなのかしら?
    面倒な縦糸張りでさえやりだすとはまってしまいます。
    絵柄を織りだすと何気にかなり頭を使うんです。手織りなので

    モヒポシェ店に来店されるお客様でやってみたいと言われる方も多く、9月以降はモヒポシェ店でゴブラン織りが出来るようにしようと思います。

    ご希望の方はメールフォームよりお問い合わせください。
    デハデハ~失礼します。

    熊本アーティストインデックスvol.1プレイベント@JAIL

    7月11日日曜日18:00から21:00に熊本市下通り藤一第7ビル7FのクラブJAILにて熊本アーティストインデックス展プレイベントを開催します。

    参加アーティスト

    アートホーリーメン(キリストゾンビ絵画&音源!)
    竹之下亮(現代ダンス!)
    加藤笑平(身体行為表現&絵画&田植え!)
    櫻井栄一(クラブ細密描写絵画!)
    DJ.NB(ハウスエレクトロニカ!)
    ワラスボ兄弟(管打即興高感度ユニット!)
     
    日本初?クラブで田植えをするんです。天草から土とお米のなえを持ってきます。加藤君が。
    パフォーマンスをしながらの田植えらしく、どんな感じか全く予想がつきません(;一_一)

    面白がってクラブの場所を提供してくれるたかしくんも面白い人ですね。

    クラブで田植え…クラブで田植え…なんだかごろはいいような…。

    怖いもの見たさで行ってきます(^◇^)

    ゴブラン織りのポシェット!

    8月1日と29日両日日曜日にクレアで開催されるアートスイッチvol.2

    私、モヒカンポシェットブースはゴブラン織りのポシェットをワークショップで作ります!

    そこで、ゴブラン織り機を作りました。パリで1年間ゴブラン教室に通い、思い出にと購入したポータブルゴブラン織り機を参考に朝の8時からハンズマンの工作室で800本釘打ち…(;一_一)腱鞘炎になるかと思ったら、全然でした!

    003_20100708201558.jpg 
    モヒカンゴブラン織り機❤ピンク。
    あと、オレンジとブルーとイエロー。レンジャーみたいになりました。

    試作品で作ったポシェ。
    002_20100708201816.jpg 
    ゴブラン織は織り機を使って手作りされる。表面に出ている横糸によってカラフルな模様や絵柄を作りだす織物で、
    縦糸は完全に横糸によって隠れて見えなくなっており、これが、縦糸と横糸の両方が見える衣服などの布との違いである。

    縦糸には普通木綿の糸や亜麻(リンネル)の糸がつかわれる。

    絵柄を作る横糸には羊毛(ウール)や木綿のほか絹糸、金糸・銀糸がつかわれる。

    今回のゴブラン織りワークショップは1時間を目安にするので横糸は絹の生地を縦に裂いた糸(絹糸)と横糸は麻ひもを使用します。絹の光沢が綺麗です。

    小学生からおとなの方まで楽しく織り機で織りましょう(^◇^)
    絹糸は数に限りがありますので先着20名様とさせていただきます。
    体験料は1500円です。

    001_20100708203302.jpg 

    大きさこのぐらいです。

    子供がななめがけしたらちょうどいいぐらいだと思います。
    絵柄を織るにはもっと時間がかかってしまうので今回はこのように2色で半々に織るか、交互に糸を変えてボーダー柄にしても可愛いかなと思います。

    デハデハ~失礼しますm(__)m

    夏らしい生地のワンピース

    さわやかな綿ニットの生地が見つかったので、早速ワンピースに!

    005_20100707211208.jpg 
    なんか斜めになってる…(;一_一)上部の生地は帆布です。

    006_20100707211427.jpg 
    横。モヒポシェの袖はピンと立ってるのです。この形が好き。

    007_20100707211708.jpg 
    後ろはこんな感じ。

    008_20100707211847.jpg 
    襟と前ボタンの部分に相良縫いの手刺繍を施しています。

    夏だからこそ帆布が張りがあって、体に密着せず、風が通って涼しいのとお客様に教えてもらいました(^◇^)

    そっかぁ~と納得。自分で着てて、当たり前になっているので気付かないの…です。

    そう言われてみればそうだな、と確認しました。

    このターコイズブルーのワンピースは一点ものです。

    見に来て下さいませ~(*^_^*)
    リンク
    カテゴリ
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。