スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     美意識は誰もが持ち合わせているものだろう

    でも、自分の美意識と他人の美意識は違う

    私が美しいと思ったものを他人が必ずしも美しいと感じるわけではない

    無理強いはしない

    でも、今まで美しいと思っていなかった物や、素晴らしいと感じなかったことが理解できて、美しかったり、素晴らしく思い感じる事が出来たなら、それは素敵な事ではないだろうか

    楽しくはないだろうか

    つまらなかったものが面白くなったら

    得した気分にならないだろうか

    もしかしたら世界が………もうやめておきましょう…(^v^)


    第2回アートスイッチバスツアーです!!



    3月2日土曜日

    アサヒ鉄工ZUBEさんアトリエ、ギャラリー見学

    久木野窯さんアトリエ、ギャラリー見学
    →素焼蕎麦ちょこ絵付けワークショップ(本焼き後お渡し)

    白水瑠璃温泉にて昼食、入浴

    高森フォークスクールにて竹之下亮さん小池陽子さんデュオのコンテンポラリーダンス公演見学、ダンスワークショップ
    高森フォークスクールにて岡松智紀カメラ写真ワークショップ(作品は当日持ち帰れます)



    以上のプログラムにて開催致します。

    料金は4800円(昼食・入浴料込)
    大人・小人同料金

    朝9時出発、夕方6時帰着予定。

    定員は20名先着順とさせていただきます。

    皆さまのご参加お待ち致しております<(_ _)>
    スポンサーサイト

     明日午前中は菊地恵楓園に行ってきます!

    ハンセン病問題をライフワークとして研究している本田清悟さんと菊地恵楓園自治会役員の皆さんのハンセン病に関する話を聞ける現地研修会です。

    色々知らないことや誤った知識がまだ私の中にきっとあるのではないかと思うので応募してみました。

    あと、日本でも最多数のハンセン病患者さん達のいらっしゃった施設自体にも興味があります。

    ハンセン病が解明された後も、なぜ隔離され続けられたのか。その時代、その場所にもし自分が存在したらどんな考えをしていただろうか。

    周りを見渡してこれが当たり前なんだ。と考えることをおろそかにして全て受け入れてしまったら恐ろしい事になる。

    考えて、自分の出来る行動を選ぶ。

    どんなことを感じるのか。

    興味深いところです。

     布地紹介

    コットン、ポップ柄
    033_20130127182908.jpg 

    031_20130127182907.jpg 

    029_20130127182907.jpg 

    028_20130127182907.jpg 

    030_20130127182908.jpg 

    034_20130127183002.jpg 

    合計35種類。

    布地の色見は実物と異なるものもあります。

    2月1日からセミオーダー会開催致します。

    皆さまのお越しを心よりお待ちしております<(_ _)>

     布地紹介。
    テーマ;ツイード

    淡いピンク
    レーヨン
    032_20130127182154.jpg 

    レーヨン
    035_20130127182151.jpg 
    アクリル

    024_20130127182013.jpg 
    レーヨン

    026_20130127182013.jpg 
    レーヨン、モヘア
    017_20130127182012.jpg 
    レーヨン

    025_20130127182009.jpg 
    ウール

    018_20130127182007.jpg 

     布地紹介

    テーマ;白

    レーヨンニット
    009_20130127181350.jpg

     
    コットンレース

    013_20130127181350.jpg 

    アクリル


    012_20130127181348.jpg 

    レーヨン

    011_20130127181347.jpg 

    コットン

    010_20130127181346.jpg 

     完成しました。十日町紬のドレスワンピース。

    艶やかな素敵な子です。

    自分で言うのもなんですが、布地のインスピレーションから形が見えてくる場合、制作経過の途中で偶然性が生まれます。それが、必ずしも成功とは限らないのですがこの子は成功です。
    044_20130127173651.jpg 
    初挑戦の裁断や縫製ばかり。


    043_20130127173655.jpg 
    出来るだけ布地の方向をコントロールして、留めておきたいのですが人の動きや座った時の布地の向きなど思い通りにならないシチュエーションを考えると、スカート部分は重力に抗して縫いを入れることに自信がありません。

    042_20130127173720.jpg
    こんなバージョンも。
     
    どうしてもクラシックな雰囲気になるのは以前、装飾美術館で見た1800年代の衣装展覧会の影響か…何故だろう?意図して作っているわけではなく、素直に衝動のまま作っているのです。よくクラシックな雰囲気ですねと言われる気がする。
    039_20130127173653.jpg 

    美しい子。どの角度から見ても。

    040_20130127173658.jpg
    どうでしょう?

    041_20130127173653.jpg
     やっぱり…好き。私の作品。

    この作品も、今まで作った作品たちもオーナーの方と共に幸せでありますように。

    そして、今からまた生み出す未来の作品たちが大切にされますように。

    そんな作品が作れますように。


    生きる為につくる
    つくる為に生きる


    私に洋服を作らせて下さる女性に感謝。

     リネン100%、8種類

    張りと柔らかさが素晴らしい人気の布地です。

    ゴールド
    022_20130127023353.jpg 

    ブラック
    015_20130127023348.jpg
     
    グリーンゴールド
    023_20130127023339.jpg 

    パープル
    037_20130127024513.jpg 

    厚手のグレー
    014_20130127023353.jpg 

    ゴールド
    027_20130127023824.jpg

    ブラック
    016_20130127024851.jpg 

    チェック
    036_20130127024513.jpg 
     
    リンク
    カテゴリ
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。