スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     火花散るメリーゴーランド作り。

    第2のアトリエ、ハンズマン工作室にて朝から晩まで今度のJR大阪三越伊勢丹の展覧会のオブジェ制作。

    私は空のオブジェを作るのがとても好き。

    今回は雲のメリーゴーランドなので張りきってます。

    いつものように私のイメージを具体化してくれる宮部さん。

    助手なモヒカンさん。

    助手な岡松さん。

    カフェラテの差し入れをしに来てくれたのに手伝わされてしまったマエちゃん。

    007_20130827232723884.jpg
     
    三つの制作物は二つ目の途中でタイムアップ!!

    メリーゴーランドの基本形は完成しました。

    008_20130827232723390.jpg

    ここから装飾性をだしていきます。

    残りはまた後日。

    楽しい世界観が伝わるといいな。

    表現出来得る事は最大限やろうと思います。

    色んな方々に頼ってばかりで…、本当にありがたいです。



     


    スポンサーサイト

    メリーゴーランドを作りたいなぁ~

    と、思ったら作ることになるものです。

    JR大阪三越伊勢丹4階でのディスプレイで雲のメリーゴーランドを作ると私が言いだしました。

    作れるさぁ~と軽い気持ちで行ったけど、実際作ることになると大変な作業になるものです。

    いつもそうです。

    少し後悔…少し不安…

    来週27日~31日までお店お休み致します。

    かわいいメリーゴーランドを作ります。

     女性の骨盤の高さや傾きや幅は皆それぞれ。

    温泉で2時間湯に浸かり、観察するのは肩周りと骨盤周囲。

    本当に人それぞれでどんなスカートの形が綺麗に見えるかもその人によって違ってくるのでしょう。

    私の骨盤は前傾して、下に開き気味なので、お尻が横に出て下がる。

    なので、モヒカンバルルンスカートがよく似合う。と言うか、私の下半身が綺麗に見えるように作ったのですが…。

    でも、骨盤が上に開き気味な場合、張りのある布地を使ったバルルンスカートで余計に太って見える時があることに気付く。

    モヒカンバルルンスカートが案外色んな下半身に対応できているので、スカートは今まであまり作っておらず、探求していませんでした。

    ウエストで着るか骨盤でひっかけて着るかその中間はないか?

    いろいろと考えて作ってみました。

    正絹の花模様の花の部分を切って切って切って、縫い付ける縫い付ける…。

    フランスのレーヨンニットの布地がやっと使える。

    オーダー会で人気だった布地で一着分だけは私のイメージで作りたかったので残しておきました。

    この組み合わせはすぐに決まりました。

    006_201308210004354c6.jpg

    あぁ…あぁ…私はこのスカートが…すき。

    素朴な柔らかいレーヨンニットの布地と厚手の正絹の花。ポップな花模様になりました。

    裏地は爽やかなターコイズブルーのコットンシフォン。

    あぁ…あぁ…気持ちいい。

    秋の空に映えるんじゃないかな。

     008_20130821000440d25.jpg

    綺麗です。

    大阪出発まで1カ月をきりました。楽しみです!最高の作品を作ります! 
    009_20130821000442679.jpg 

     002_201308200021117bf.jpg
    生なりの結城紬とフランスの赤いニット布地

    紅白は演技のいい組み合わせ。

    日本のめでたい時は決まって紅白。

    私の好きな組み合わせです。

    面白いフォルムに仕上がって、眺めているとじわじわ迫ってくるモヒカンブラウスです。

    愛嬌がいいのですね。

    美人じゃないけど、愛される。

    こういう作品も時折モヒカンポシェットでは生まれます。

    明日はスカートを作る予定です。頭の中ではとてもとても面白い!上手くいくかは分からないけど凄く楽しみです。

    しっかり寝て、しっかり食べる、しっかり作って、しっかり掃除!

    お休みなさい。

     悩みに悩んだこの紬の制作にやっと入りました。

    なぜ、悩んだか。

    伝統的な笹の模様で節句などの行事の際に着る模様なのです。
    縁起のいい模様ですね。

    色見が落ち着いているので地味だけど、なにか惹かれると思いました。

    今回仕入れた反物の中で一番高いお値段が付いていました。かなり悩んでその日は買わず、どうしても気になって思い切って買ってしまいました。

    そういうわけで、出しては直しを繰り返し、コネコネしたり、じーっと見たり、悩みました。

    正直、失敗したくない。

     001_201308170005110ac.jpg 

    ピンとひらめいたのは、迷彩柄!

    眼鏡を外して、ぼーっと遠目で見ていたら迷彩柄に見えました。

    迷彩柄と考えれば難しくない。

    モヒカンポシェットの特徴的な大きなフードのパーカー!!

    絹100%のパーカーなんて、なんて贅沢品でしょう。そして、エレガントに。

    モヒカンパーカーにはまってしまい、次々と紬を取り出しています。

    この子たちはひとつは私の元に置いておきたい。前身も横見も後見もどこをとっても最高です。

    きっと元気になる服になる。

    そんな気がしました。

    002_20130817000622156.jpg 

    ちょっと見方を変えるだけで視野が広がる。想像できる。たまりません。いい感じです。体調も凄くいいし、メンタルも問題なし。作りたいものを作りたいように形にしている。

    私にとってこれが一番大事なんだ。

    衝動に素直に、迷わず気持ちのいいラインを見つけて裁断をしていく。

    本当に気持ちがいいんです。

    一枚の布が、鋏で切って、糸で縫って立体形に出来上がることが。

    気持ちがいい。

    とても気持ちがいい。

     スエードの様な面白い布地。

    気持ちのいいフレアの方向を探りつつ、衝動のままに作って出来上がりました。


    005_20130813231607bb5.jpg 

    008_201308132314328dc.jpg 
    009_20130813231435628.jpg 

    私にとって衝動とは不思議なものです。

    素敵な布地を見るとワクワクして手が形を想像するみたいです。脳で考えて手が動くのが当然なのですが。

    制作をしていると時々ふと想う。

    母もよく働く人だなぁ。

    今でも働かなくてもいいのに毎日働いています。実に楽しそうです。

    掃除が好きで、暇さえあれば掃除機をかけて、拭きあげる。窓を拭いたり、壁をふいたり、子供の頃はせわしない人だなぁと思っていました。

    でも、母の性質に物凄く似ている自分に気付き始めました。

    ゆっくり出来ない性格が嫌になる時もありますが、やっぱり部屋が綺麗だと気持ちがいいし、よく働くと清々しい。

    母に似てよかった。

     モヒカンポシェットで秋冬の一番人気作品はやっぱりコートワンピースだろう。

    去年何十着作っただろう…

    あまりに作り過ぎて、しばらくお休みしていました。

    でも、やっぱり…綺麗なんですよね、シルエット。

    大阪の方にも是非見て頂きたいモヒカン作品のひとつです。

    今回は紬の反物で作ろうと思います。

    筋肉痛になる程縫いを入れるのでまたまた覚悟して取り掛からねば!

    64.jpg


    63.jpg

    一反12Mなので全て使い切る事になりそうです(ToT)/~~~

    失敗できない…

    完成したら今までにない上品さでしょう。
    リンク
    カテゴリ
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。