スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     だんだん寒くなってきていて、夜眠るときの暖かパンツが欲しいなと街に出かける。

    街行く人たちのファッションがみな同じに見えてしょうがない。

    きっと同じ方が安心なのだろう。

    と、自分をなだめながら歩く。

    私は他人と違っていたい。

    同じものなんて絶対着たくない。

    いつものような思考に陥り、また、暖かパンツを買わずに家路に着く。

    夜眠るときの、しかも、ズボン下のようなものなのに(ワンピースで寝るから)…、大人げない自分。

    それでも、やっぱり着たくないものは着たくないのだ。

    ………………
    スポンサーサイト

     1カ月程本格的な針仕事をしていなかったので、いざ!始まると止まらなくなるものです。

    縫いたくてたまらない衝動にかられています。

    次のお任せオーダーはゴールドベージュの結城紬のブラウス

    頭の中で出来上がっているデザインはオーロラマント!

    002_201310230019017ac.jpg

    折り重なる方向が異なるプリーツ布地をたわむれさせたいと思います。

    あぁ、この布地はなんて日本人の肌に馴染むのでしょうか…

     
    003_2013102300064804d.jpg

    試行錯誤はいつもの事ですが今回初めての裁断と縫製を試してみました。

    大げさに言う事ではないので…

    あぁ、気持ちのいい方向にドレープを作って、気持ちのいい方向に風が吹いているように見えると最高。

    あぁ、布地をたっぷり使いすぎた…

    私の分は部分使いにしてしまおう…

     004_20131023001859cef.jpg 


    ヨシ!

     私にとって贅沢な制作。それは生ボディーでの制作。

    トルソーさんで先ずはシミュレーションをする。

    005_20131025232940cb9.jpg
    去年お任せオーダーして頂いたドレスに羽織るボレロのオーダーです。

    裏地はフレンチリネン、表地はゴールドベージュの結城紬です。

    この色が一番ドレスに合っていました。お客様のお顔写りも最高!
     
    ドレスを着てもらい、布地をヒラリ。

    この布地を巻くだけでもグッときます。

    でも、少しずつ形作って行くうちに…美しいラインが出来あがってくる。

    これは私にはサイズが合わなくてリボンのスナップがはまらないけどとっても似合う事でしょう!!

    010_201310252329446a3.jpg
    お客様の体に針が刺さらないように気を付けます。

    当たり前ですね。

    008_20131025232945163.jpg 
    お客様のお時間はとりますが、やはり皆さん体型、姿勢、癖が違うので生ボディ-が一番しっくりくるのではないでしょうか。

    真ん中の小さなリボンが可愛いらしい。 
    009_2013102523295231f.jpg  
    後ろ姿はボリュームを持たせました。私の中で鎧のイメージです。

    可憐でいて、強い女性。

    私はいつも強くなりたいと思う。

    向かい風に立ち向かう女性像は洋服を作り始めたころから変わらぬモヒカンポシェットの基本コンセプト。

    その時ひらひらと風にたなびくギャザーは女性の柔らかい触感を象徴します。

    あぁ、よく出来た。モヒカンボレロ。いい子だなぁ。

     あぁ!完成

    ゴージャスだけど、クラシック!

    ドレスって素敵。

    女性が世界を明るく照らさずに誰が照らせるって言うんだ!

    女性よ!華やかであれ!

    美しくあれ!

    勢いよくそんなことを叫びたくなるほどの華やかさ

    早く着ているところを見てみたいな。

    001_20131023000522570.jpg

     

     もうすぐ完成。

    一人で着れるかしら?と若干心配になりながら制作続行!

    010_20131021143658ae2.jpg 
    スカート装着。

    もっとボリュームを。

    もっとボリュームを。
    009_20131021143656737.jpg

    悩む。裏地に大島紬の白を使うか…。
    サテンの白にするか…。

    ギャザーを寄せるので大量に使うのです。

     ちらちらと…そして、座った時に白地が見えるよね。ここまで素晴らしい布地を使っておいて最後に妥協…。

    でも、ちびちびと使っている大島紬。

    悩んだ末に残りの大島紬全て使う事に決定…。

    最初から迷う事なんてなかったのだ。全て必然全て必然…。

     続き。

    ドレスって、ワクワクします。

    白い太めのリボン。

    幅で悩みました…。厚みもあるし…。でも、でも、やっぱりこのくらいは出したかった…。

    007_2013102114203104a.jpg 

    絞ります。

    008_20131021143653d4f.jpg

    女性は花

    柔らかくて

    しなやかで

    風になびいて

    根を張り留まる花
     

     ドレス制作。

    私の頭の中でこの布地はドレスしかない!と思っていました。

    オーナー様にも了承してもらい制作に入ります。

    002_2013102114203365f.jpg 

    今回はぴったりと上半身に沿うデザイン。

    後ろはゴムで絞ります。

    なかなかドレスは作る機会が無いので嬉しい!!

    と思いつつ、作業はやはりなれない裁断や縫いになるので試行錯誤です。

    001_201310211420205fc.jpg


     005_20131021142040184.jpg 
    キラキラ光る毛足の長い布地。キルト素材で厚みもあります。

    伸縮性が無いので布地の方向を作って縫い付けて行きました。

    大島紬の白を使います。ブラウンの光沢に負けない白はこの布地でないと。
    006_20131021142123128.jpg 

    ふ~

    ぎゅっと絞りたいな。


    リンク
    カテゴリ
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。