スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    制作に集中するとついついブログを書かなくなってしまいます(;一_一)

    楽しみにしていますと言って貰ったのでなにか書こうと思うのですが、毎日毎日アトリエにこもり、ミシンとトルソを往復している生活なので、特に書く内容も無く…。

    あ!モヒカンポシェットホームページ更新しました。

    シロの風展ページできました。

    少しずつ内容が明らかになって行く予定です。

    現在、シロの風展の冬バージョンのシロシャツを作っています。名残雪が降ってきて肩や首筋に積もる雪。冷たく強く吹く風ではなく、優しいぬくもりを呼ぶ風。

    冬は寒い。寒いからこそ、暖かいというだけで幸せを感じる。

    築100年を越えるモヒカンポシェット店兼住居の我が町屋に住んで4年程が経ちました。初めての冬はあまりに寒過ぎて凍えておりましたが、人間とは強い生き物で、体が順応してくるのですね。今ではあまり寒いと感じなくなりました。

    皆さま、風など惹かれませぬよう。

    メリークリスマス

    スポンサーサイト

    #

     シロの風展準備でモヒカンポシェット店はアトリエ状態。

    今日は色塗りです。

    DMとストップモーションアニメ映像用にミニチュア版を制作。

    005_201312170056251b3.jpg 
    極寒のペンキ塗り。

    「シロの風」は雲に浮かび、空を旅する国。

    白い世界。

    建物も森も川も人も真っ白。

    白い世界。

    フォルムで表現します。

    お城組み立て中。
    008_20131217005622a14.jpg
     
    ペンキ塗り中。

    レンガの風合いを出すのに試行錯誤しましたがいい感じに出来上がりました。

    ぎゅうぎゅうな感じ。

    ついついそうなっちゃうな。


    006_201312170056281c7.jpg
     
    乾燥中。

    木が木に見えてよかった。

    色を塗った時にどんな風な見え方になるか心配でした。

    段ボール感を残そうかどうしようか…光沢を出すか、マットに仕上げるか…などなど。

    009_20131217005732ecd.jpg 

    ミニチュア版制作で本番の準備運動が出来ました。

    本番のオブジェ制作に気合いが入ります。別のアトリエがあるので安心。

    本番制作は年明けです。

    現在はモヒカンポシェット店ショーウインドウ?にて展示中。道行く方々が覗きこんで驚いている姿を見ると嬉しいです。

    少しでも感動してもらえたら幸せだな…。

     今日も一日よく働いた。

    気持ちがいい。

    一日の針仕事が終わって、お風呂に入り、半身浴で一時間英語教材を聴きながら音読するのが近頃の楽しみになっている。最初は理解と音読が間に合わなかったが、一日一日間に合うようになってきているのが面白い。

    お風呂上がりにリラックスしていると、母からの電話だ。

    母の話は大体3つ。
    テキパキ仕事が出来るという事
    年より若く見られたという事
    掃除をして気持ちがいいという事

    母は仕事が大好きだ。3人の子供を育てるため昼夜働いていた頃も楽しそうだった。
    年を取って、掃除の仕事や調理の仕事を始めても、テキパキと仕事ができることを誇らしげに私に話す。
    ただ、ただ、楽しいようだ。

    頑張りすぎて体が痛いというから皆のペースで働くといいよ、と話しても、無理なのである。人より働いても給料は変わらないし、時にはうとまれる存在になるだけなのに、目の前の仕事をきちんとしたいらしい。

    いつまで仕事ができるかな…というから、死ぬまで仕事していた方がいいよと話す。

    子供のころからずっと見てきて、自由奔放な母が大好きなんだなとつくづく思う。
    よく働き、よく遊び、よく笑っている。

    楽しい人だ。

    今日も一日いい日だった。

    今日もハンズマン工作室で展覧会のオブジェ制作。

    開店から閉店までみっちり段ボールと格闘してました。

    映像撮影用の背景の空に浮かぶお城を作りました。

    今回は撮影用なのでミニチュア版です。

    なんとか一日で形は出来上がった!色塗りは又後日。

    なかなか良く出来たな、と思います。ミニチュアの背景を撮影してから、後日モデル撮影を行います。冬から春、夏の季節の移り変わりや天候、風をライティングや小道具で作り込んでいきますが、5分のストップモーションアニメでもかなりの撮影量なのだそうです。

    背景のみとモデルのみの2回の撮影。

    ん~。面白いけど大変そうだ。でも、迷わず面白い方を取ります。それがモヒカンポシェットだから。

    3月熊本モヒカンポシェット店にて
    4月大阪梅田阪急百貨店にて
    5月福岡にて

    モヒカンポシェット展覧会 「シロの風」巡回展 開催予定



    セミオーダー会へのお問い合わせを沢山頂き誠にありがとうございます。

    1月はパリへの布地の買い付け直後のセミオーダー会を予定していますが、これはモヒカンポシェットの常連のお客様に限らせて頂きます。

    ご了承くださいませ。



    来年3月、4月、5月の展覧会に向けて東京で開催された日本製布地の見本市に行ってきました。続々と布地のサンプルが送られてくる。
    自分の目と指先、前腕の触覚だけが頼りです。
    触感フェチな私の触覚で最終的には決定しますが、今回の布地の使用量が今までで最大量なため決心が必要です。
    悩んだ挙句に決めました。
    4種類の白色の布地。
    コットン100%
    コットン92%リネン8%
    ベンベルク62%ラミー38%
    コットン58%、キュプラ32%、リネン8%、ポリエステル2%
    の布地を使って、100枚のブラウスを縫います。

    移り変わる季節や天候の変化を1枚目から100枚目に至る過程の中で表現します。
    型紙を取らない立体裁断でデザインから縫製まで一人で行うモヒカンポシェットだからできる作品です。

    その作品世界のイメージを視覚的に楽しんで頂く為にストップモーションアニメ作品を制作します。
    モヒカンポシェットの世界観をよく理解してくれているカメラマンの岡松トモキさんに撮影をして頂きます。

    風の吹くままに旅する空に浮かぶお城
    お城の先の操縦室で舵を切る女性の服は季節や天候により、不思議と変化する。

    100枚のブラウスは冬から春、夏にかけての空模様を強く反映している。
    100枚のブラウスを繋げて見た時に、そして、1枚のブラウスを見た時に何が見えてくるのだろう。

    私にとって私の作る洋服はファッションではなく、体を覆う造形物である。
    だから、面白い。
    人への興味は尽きない。心も体も
    出会う人の分、違う形が見えるように感じる。

    布がやってきました。やっとイメージばかりを描きとめてきた指先がいつもの仕事に戻れます。
    ただ、いつもの制作と勝手が違うのでまたワクワクです。

    リンク
    カテゴリ
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。