スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    7月1日~6日までフランス、パリに行ってきます。

    今回は欲しい布地がはっきりしていて、それを目指して探してきます。

    モヒカンカーディガン!!を作る。

    モヒカンコート!!を作る。

    モヒカンコートワンピース!!を作る。

    あぁ~…モヒカンワンピースも作りたい…

    ………モヒカンブラウスもだぁ………

    作りたいパーツが一杯あるから、絞りたいのに…(;一_一)まだ絞り切れていません。

    今日もお風呂の中で潜っている時に、楽しい袖を思いつき、ワクワクしています。

    この袖はかなり面白い!!

    見たことない!!って言われるのが一番嬉しいから、どんどん思いついたら形にしていきます。

    たまに失敗もするけど、失敗したけどこの形も面白い!なんて…それも愛してくれる方が現れたり、人って面白くて、有り難いです。





    スポンサーサイト

     エレガント過ぎるモヒカンコート。
    可愛いと言われることの多いモヒカンポシェットの作品たちですが、今回のこの子は可愛いでは足りないと思っています。

    オーナー様のお顔立ちを思い浮かべると私の中でこのゴージャス感が必要でした。

    柔いフェルトの様な布地で見た目よりもとても軽い素材です。なので布地を沢山使ってもあまり重くありません。
    テキスタイルもモノトーンのグラデーションが印象的です。

    大きな襟も雑さを感じさせないように気を使いました。というのも、大きな襟が流行しているのかよく見かけるようになり、若干敬遠してました。雑なデザインの大きな襟が多くて。
    でも、ちゃんと考えて、気配りされているデザインの襟はやはり綺麗です。

    そして、当初の考えていた丈よりもかなり長くなってしまいました。

    これは感覚なので何とも言えませんがこうでないと駄目なのです。
    裾はくるくると巻いて裏地と縫い合わせています。ドレープを作らずきっちりAラインを保っています。

    018_20140626003610735.jpg

    うん、いい。



    019_201406260036121bd.jpg
    そして、後面はモヒカンポシェット爆発!という状態です。
    前面はエレガントに。
    後面はモヒカンで。
    こちらはいくらでも可愛いと言ってもらいたい。
    二重袖に、マントに…どれだけ布地を使うんだ!!という一人ツッコミ。
    後で使い過ぎたとへこんだりもします。

    でも、やっぱり、女性の体には贅沢に、ふんだんに、いい布地を使うこと!それが女性のステイタスです。
    節約された感のあるギャザーを見ると悲しくなります。

    020_20140626003614800.jpg

    レースがちらり。



    021_20140626003615a41.jpg

    お店に飾っていると、皆さま着たがられるのでしばらく奥に潜めさせてもらっていました。
    もうすぐお迎えなのでお披露目中。

    7月1日からまたパリに仕入れに行くのでこの素材の布地を探してこようと思います。
    かなりいい!です。お気に入り。


    モヒカンコートワンピース!!
    オーダーで作るのは少し久しぶりです。
    コートワンピースを作りたいとおっしゃられたら、この布地で!と決めていました。
    グレーの厚手のリネン100%布地。

    自身を持ってお勧めしました。
    そして、出来上がり。

    かっこいい、そして、かわいい!!

    全く光沢は無く、粗い目の硬いリネンはいつものモヒカンコートワンピースのイメージを変えます。

    襟のふくらみも胸上に持ってきてあまり甘さを押し出しません。

    001_20140618231221c97.jpg

    リボンも裏表同じ布地にしました。

    002_20140618231220cf9.jpg

    ドレープの影がくっきりラインを作ります。

    深いドレープは布地をふんだんに使うモヒカンポシェットの特徴です。

    深いドレープ、深い陰影…私にはたまりません。好き過ぎる(>_<)


    003_20140618231222e64.jpg

    004_20140618231224527.jpg 
    リボンを後ろ手に結ぶ。
    005_201406182312243c0.jpg

    前は開けて、コートの様に羽織っても

    008_20140618231257c41.jpg

    ボタンをして閉じても印象が変わります。

    007_20140618231301441.jpg

    これは私に似合います。実に似合います。

    オーナー様もとても気に入って下さって…………嬉しいです。

    おうちのトルソーさんに着せて眺めていてくれているそうです。作品の背景に風がそよぐ美しい風景が見えていたら嬉しいな。

    お似合いでした。とっても。

    ありがとうございます<(_ _)>

     オーダー制作没頭中のモヒカンです。
    オーダーのコート制作がひと段落し、次はワンピースです。
    スカート部分のデザインが先ず頭にあったので、スカートから制作して行きました。

    珍しく膝上丈です。裾部分に布地を寄せているので軽やかに見せるには膝上でした。

    057.jpg

    裾部分の重なるヒラヒラが歩く度に、空気になびいて綺麗です。
    座っている時も大腿部~座面まで面白いシルエットになります。

    058.jpg

    布地はコットンシルクでとても繊細。優しさと柔らかさが上品な感触。
    上半身はシンプルにしています。もう一つのオーダー、ボレロとの相性が抜群だからです。



    059.jpg

    岡崎幹二郎の彫刻みたい!むきゅむきゅして張りだし合って、迫り出しあって、でも、それがちょうどいい距離感…見たいな。

    この張り感は出すのに苦労しました。接着芯の厚みや布地を何枚重ねるかで何度もやり直し…。

    やっと重すぎず、形が維持できる厚みになりました。

    061.jpg

    フロントのアンティークレースはオーナー様が持って来て下さいました。

    運命的なタイミングで!

    060_20140618223754e93.jpg

    この後見がまたいい。

    なんだか美味しそう。

    …に見えてきた。
    062.jpg

    このスカート部分は他の布地でも試したい。面白い。

    このボレロもいい!かなり好きです。

    いつもおまかせで作らせて頂いているのですが、毎回色んな新しい形への挑戦が出来ています。
    ありがとうございます<(_ _)>

    とっても上品な甘さに仕上がったように思います。
    モヒカンケーキ

    (^v^)



     もうすぐ夏が来ると言われていますが…

    モヒカンポシェットのアトリエではモヒカンコートの制作が続いています。

    色んなデザインで作って来ましたが、この子はオーダーが背中にリボンが沢山舞っている様な雰囲気。

    なのに、パイソン柄の厚手の張りのある布地。
    前身はハード系で殺し屋風。
    後見は初々しい花嫁の様な姿。

    010_20140612231224b19.jpg

    011_2014061223122700e.jpg

    012_20140612231228c50.jpg
    最終的にもう少しリボンが増えました。

    ショールを首に巻いてこんな感じにしてもいいな。

    016_20140612231806af0.jpg

    そうなると、後見はこんな感じでスッキリします。

    015_20140612231805273.jpg

    014_20140612231802cdb.jpg

    009_20140612231803e72.jpg
    このパイソン柄の布地はコットン100%です。しっかりとしていて私好みの強さがあり、これを着るオーナー様の柔らかい体を守ってくれるような気がしています。
    小さなサイズですが、凛凛しく、強い意志とスタイルを持ったオーナー様らしい一着となりました。

    末永くオーナー様と共に幸せな時間を過ごせますように。
    これは頑丈です!

     お詫びとお知らせ
    「シロの風」の100枚の白シャツ作品の中で降り積もった雪が溶けていくという沢山ギャザーを寄せている大きな襟の白シャツがあります。

    sIMG_7134a.png

    上写真のモヒカンが着ているシャツのバージョンです。

    このシャツの襟の部分は二枚のパーツを縫い合わせて、袋縫いし、5センチ程開口部を設けて、ひっくり返して、アイロンし、完成させています。

    その5センチ部分を後で手縫いで縫い閉じようと思っていたのですが、数着縫い閉じるのを忘れて空いたままの作品があることが分かりました。

    IMG_1886.jpg

    この部分です。 


    5センチ程の開口部で襟背面の右横か右下にあると思います。

    もし、開口部が開いたままの白シャツをお持ちのお客様がいらっしゃいましたら、大変申し訳ありません。

    私の最終チェックミスです。

    申し訳ありません。

    お洗濯後に開口部がほつれてくる可能性があります。

    お手数ですが着払いでモヒカンポシェット店まで作品をご郵送頂きまして、縫い合わせてまたこちらからご郵送させて頂きたいと思います。

    また、こちらの不備ですので返品も承っております。レシートも必要ありませんので、作品をご郵送頂き、お買い上げの金額をこちらからお振り込みさせて頂きます。

    お問い合わせは
    お電話の際は090-9406-5456
    メールはmohikanpochette@gmail.com



    御返送は
    〒860-0004
    熊本市中央区新町1丁目10-28
    モヒカンポシェット宛て
    にてお願いします。





    これからこのようなミスがないよう注意してまいります。

    お手数ですがご確認宜しくお願い致します<(_ _)>





    モヒカンポシェット 「シロの風」展覧会IN福岡無事終了しました。
    沢山のお客様にお越し頂き誠にありがとうございました。

    私にとって途方もない100枚の白シャツの制作はもう遠い昔のようです。1枚目から100枚目までで少しずつデザインを変えながら冬~春~夏を表現するという制作はこれまでで一番の挑戦でした。

    制作をやり遂げ、展覧会も全日会場で全てお客様に手渡す事が出来た事は私の自信になりました。

    昨日熊本に帰り、すぐにこの「シロの風」の報告書作成の会議をして、次の展覧会の企画準備の話をしていました。そして、今日からオーダー制作に入ります。

    私は蟻の性格。

    やりたい企画も沢山あって、作りたい作品もまだまだ作れていないのです。

    母からもらった丈夫な体と母譲りのアリの性格でまだまだ頑張って行こうと思います。

    誠に誠にありがとうございます。

    支えて下さる皆様に「感謝」

    モヒカンポシェットの作品を身に付けて生きていく女性の皆様に「感謝」

    皆様の一日一日が、かけがえのない人生になりますように…

    「人生意気に感ず」
    人間は利害や打算で動くのではなく、相手の心意気に感じて行動するものだ。

    私は挑戦し続けると心に決めています。
    それは私の作品を身に付けて生きる女性の心意気に感動するからです。
    モヒカンポシェットの作品や背景に何かを感じて下さり、繋がることが出来ることに偶然ではない必然性を感じます。どこかで繋がっていたのか、何かが繋がっていたのか…

    ありがとうございます。
    またお会いできる日を心より楽しみにしています。

    リンク
    カテゴリ
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。