スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    RIBBON展in熊本

    場所;モヒカンポシェット店、新町三畳美術館
    期日;11月8日土曜日〜14日金曜日
       13時〜18時
    熊本は本拠地なのでさらに頑張らなくては!!
    皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。



    スポンサーサイト

    RIBBON展in大阪が終わりました。
    お忙しい中お越し頂いたお客様、誠にありがとうございます。
    初日に「待っていましたよ」とお声をかけて頂けたり、毎日足を運んでくださるお客様もいらっしゃり、4月のシロの風展以来、またお会いできたことに不安と緊張が和らぎました。
    そして、今回初めて出会うことができたお客様にも嬉しいお言葉を沢山いただきました。

    反省点も多々あります。
    展覧会のコンセプトが伝わりにくかったことや、搬入が間に合わなかったこと、等々…
    事を起こせばいろんな状況が起こります。
    私はもっと考えて行動し、前に進んでいかなくてはいけないと思いました。
    作品に対しても、お客様に対しても、仲間や自分に対しても。
    何かを築くときはいつも展覧会のあとのような気がします。
    不特定多数のモヒカンポシェットを知らない人たちの反応は沢山の気付きにもなります。
    私はそのチャンスをしっかりと見極めなければならない。

    ありがとうございます。

    明日から大阪に行ってきます。
    10月22日から28日まで大阪梅田阪急さんでの「RIBBON」展開催です。
    私は7月からこの「RIBBON」展の為の準備をしてきました。
    大阪、熊本、福岡に参ります。
    是非、足をお運び頂き、見てください。
    私の作品の、展示の感想をお聞かせください。

    私の想うシルエットは、強い風に向かって凛と立つ女性です。
    身にまとう布は張りがあり、しなやかで、大胆になびきます。
    私は布を使って理想の女性を形にしたいのかもしれない。ただ、それだけ…。
    何か理由があって作るのではない。ただ作りたい。
    疲れ果てて、なんでこんなことするのかわからないけれど、作らずにはいられない。
    私の想う美しいもの。それに出会うためなのかもしれません。

    すみません。自分勝手です。

    大阪に行くまでの作品制作の締めくくり。
    この子になりました。
    IMG_0789.jpg
    長袖シャツ。前回の展覧会「シロの風」で100枚シャツを作ってから私の中のシャツのデザインは出し尽くし、充電期間が必要でした。
    ワンピースやツーピース、スカートは作りたい形がはっきりしていたのでどんどん作って、長袖シャツを作らなきゃなぁ~と思いつつ手が動いていませんでした。
    やっと、この時期になってシャツに手が動いたと思ったら………、かなりこれ気に入ってます。
    IMG_0788.jpg
    この布地が面白くて。パリのコットンを買うお店で探していたらいつもの雰囲気とは違う布地が!見たことない!しかも少し伸縮性があるではないか!着やすいぞ!と購入。
    ワンピースとこのシャツが出来ました。
    IMG_0787.jpg
    シンプルに作ろうと思いながら手を動かしていたら、「やっぱりギャザーは必要だよね」、「別の布地も加えて二段にしたらもっとかわいいよね」なんて、いつものモヒカン思考になる。
    でも、これは可愛い!!私にもとっても似合う!!

    IMG_0786_1.jpg

    袖が二段でかなり膨らんでいるのが好き。胸下の二段ギャザーも好き。横見のふんわり感も好き。布地の質感も好き。

    あぁ~大好きな作品が作れてよかった。

    毎日の日課ともいえる小白さんとの「あ~そびましょ~!」タイム。
    仕事中に必ず使用するメジャーがヒラヒラし始めるとダッシュでやってくる彼女。
    多いときは一日3回ほど繰り返されます。
    パクッ
    IMG_0749.jpg
    ダッシュ
    IMG_0756.jpg
    クルッ(空中回転)
    IMG_0741.jpg
    ダッシュ
    IMG_0742.jpg
    グルグルグルグルグルグル…
    IMG_0738.jpg
    カワイスギル…でも、夢中になりすぎて宝うんこをポロポロポロ…
    私の周りはうんこだらけになって…、小白さんは去っていくのです。満足した顔で寝転がっています。

    そんな小白さんの冬支度が始まっており、床を掘っています。
    なので、洞穴風ほりほりハウス。
    IMG_0758.jpg
    長い方が好みでしょう。新聞などをくしゃくしゃにして入れるとほりほりしがいがあるでしょう。

    IMG_0761.jpg
    ふふふ。

    IMG_0760.jpg
    喜んでくれているようです。新聞を詰めては出され、詰めては出され…。小白さんの冬支度は続きます。

    7月からribbon展の作品を作り続け、目標の作品数にもうすぐ到達します。
    様々なデザインの作品が生まれました。眺めてみてもどれもモヒカンポシェットです。
    それだけが私の誇りです。
    モヒカンポシェットの作品はすべて私が作った。
    そして、未来に出会う誰かの宝物になることを願っています。

    この世に形をもって生まれたら愛されなければならない。愛さなければならない。
    今日生きてる。
    明日生きるかわからない。
    だから、今日は大好きな服を着て、やるべきことをやる。

    デコラティブな作品の後は、シンプルな作品を作りたくなるものです。

    海軍の制服のような布地で女性の体に使うにはイメージがなかなか湧かず、今年の1月にパリで買ってきたものですが直していました。

    シンプルなものを作りたいと思ったときにこの布地をおもいだします。

    IMG_0764.jpg

    イメージ通りにきれいに袖が膨らみました。
    モアモアの布地を使うとどうしてもロシアンな雰囲気になります。嫌いじゃありませんが…

    IMG_0772.jpg
    大きくタッグを取って大きなドレープを付けました。Aラインの縦の線が強調されるので前後ろはスッキリ見えて、横身はプリッと膨らみます。これがいい。いろんな方向から楽しめます。

    IMG_0771.jpg
    私にとって布地の影は線です。ギャザーをたくさん寄せるのも縦の線がいっぱい引けるから。その線が女性の動きによって変化するのが見ていて楽しい。

    IMG_0770.jpg
    シンプルに行こうと決心したものの、ボタンで悩む。
    大きいのをボン!ボン!…、中くらいのをポンポンポン…、小さいのをズラズラと…これは大変だからやめようと脳裏をよぎるも配置してしまうとやめられない。

    でも、ボタン付けは意外と好きな作業の一つです。無心になれます。

    さて、リボン展の西田さんの陶人形さんたちも続々と出来上がっております。度々、モヒカンポシェットの作品をチェックして、細かい打ち合わせも行いつつ、焼きあがる毎に、出来上がった作品を見せてもらっております。

    とてもいい!モヒカンポシェットの洋服のデザインが西田さんのフィルターを通るとこんな風になるなだぁ~とひとつひとつ見ていて、楽しいです。
    細かい部分も再現されていて、私の作品と並べて飾るのが楽しみです。

    リンク
    カテゴリ
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。