スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    続々制作中!とっても快調です。
    何だか心も体もとっても元気( `ー´)ノ!
    こんな時は作るんだ。


    ベージュのシルク素材を下地にして、レース布地のお花ちゃんをのせました。

    ヒトデちゃん。

    IMG_7501.jpg

    ふざけて作ったのではありません。
    大真面目に大人の女性ののっぺりとしたシルエットのワンピースを作ろうと試行錯誤した結果、ヒトデちゃんになっていた。
    裾の5か所膨らませたところが人手の足の様に見えてきた。
    でも、着るととっても可愛いんです。
    ゆったりシルエットなのにラインも出て、綺麗です。
    写真で見ると私にはヒトデちゃんにしか見えない。

    IMG_7502.jpg

    ヒトデちゃんでもやっぱり可愛いじゃん!

    今日もいい子が生まれました。
    ありがとうございます!
    スポンサーサイト

    ふんだんに布地を使い、ふっくら見えるように裁断してみました。
    前身ごろは想像以上に小さくまとまり、横見は思った通りふんわり広がってくれて、色んな角度から違った表情を見せてくれる作品となりました。

    IMG_7361.jpg


    IMG_7362.jpg


    IMG_7363.jpg

    襟と裾縁にポニョポニョをぐるっとつけたのでなんだか愛らしい子です。
    女性の動きにプルンプルンとふんだんなギャザーが舞っているようです。

    明日から姪っ子が夏休み期間中泊りで修行に来るそうです。
    テレビもクーラーも無いから無理じゃない?と聞いても大丈夫だという。
    小学5年生の女の子の集中力はどんなものだろうか…
    手の器用さはどんなものだろうか…
    宿題は指導しなければならないのだろうか…
    カレーは甘めにしなければならないのだろうか…
    色々気になってしまう。

    今日も制作にとっても集中できた!
    嬉しい( *´艸`)

    これらの布地達にさらに黒のメッシュ布地を加えました。
    イタリア製の布地で薄いスポンジの様な感触です。感触がぷるっとしていて気持ちがいい。

    IMG_7302.jpg

    モヒカンポシェット定番のワンピースのシルエットでスリムスタイルにしました。
    ギャザーを入れていないので脇下のラインがスッキリします。

    IMG_7351.jpg

    レースを重ねてみました。
    パリのリボンも襟飾りみたいで綺麗。

    IMG_7353.jpg

    ロンドンで見つけた1930年のプラスチックとメタル素材のボタン。
    黄色と青とピンクの小さなお花が仲睦まじい様子です。
    ひとつでも十分に愛らしく、存在感があります。

    IMG_7354.jpg

    ふわりと風を感じます。

    IMG_7355.jpg

    後ろ姿はモヒカンポシェットのこだわりです。
    後ろ姿をより美しく装わなければモヒカンポシェットではない。

    IMG_7356.jpg

    大昔に肩甲骨に沿わせて裁断をした縫製の作品をよく作っていました。
    時間が掛かることとマイブームが去り、細かい裁断をお休みしていました。
    ブームが帰ってきたみたい。
    裁断と縫いで少し遊んでみようと思います。
    綺麗にできた!

    IMG_7347.jpg

    やっぱりモヒカンポシェット定番のワンピースのシルエットはいいなぁ~。
    ギャザーを入れないバージョンは久しぶりです。
    ギャザーを入れないとお胸がちょっと窮屈な感じになるのでお休みしていました。
    でも、やっぱりこのシルエットもいいですね。


    私はこの小さなアトリエの中でワクワクしている。
    築100年を越えて、地震で歪んでもどっしりと立っている。
    両隣に高いビルが建っていても、小さいように見えたってとっても大きい。
    強くて優しい町屋です。
    自然の土地の力と人間が作った建物の力をここに居ると感じます。

    今回の地震で倒れたり崩れた町屋は少なくありません。
    毎日毎日どんどん解体されていきます。
    人が作り、人と共に生きてきた建物は人を愛しているのではないだろうか。
    人は愛していないだろうか。
    しっかりと供養して、感謝を伝えなければ建物もきっと悲しいだろうと思う。

    IMG_7302.jpg
    次はこの子たちを合わせます。
    ワンピースの予定です。

    熊本の梅雨が明けました。
    これから猛烈な熱気がやってきます。
    皆様お体ご自愛くださいませ。

    自分の技術を磨くにはどうしたらいいだろう。
    誰かに習うことが一番早いのか…。
    本を見て学ぶのか…。

    私のやり方はシンプルだ。
    感動する作品を見ること。
    作り続けること。
    それだけです。

    今回の子はこれまでのモヒカンにはないものです。
    装飾美術館のチェックのドレスに影響を受けて作りました。
    先ず作ってみよう。そして、ここから発展させていこうと思います。
    作ること。
    私にはそれだけしか出来ない。


    IMG_7304.jpg


    IMG_7305.jpg


    IMG_7306.jpg

    フロントを外して、襟付きのジャケットになります。

    苦手だったチェックが好きになりそうです。

    IMG_7275.jpg
    今日はこの布地達を使います。

    今回は間近で至高のドレスを見ることが出来て、私なりに裁断や縫製をじっくりと見て、考えることが出来ました。
    今までの私の独学による技術だけでは表現できないものがこれから出て来そうです。
    色んな人の体のシルエットをトルソーさんに反映させて、布地をあてていくと色んな形が生まれてきます。
    展示を見て、自分が気持ちいいと思うラインに新たに組み合わさりました。
    先ずはモヒカン要素を入れながら研究していこうと思います。

    研究でもとっても楽しい。
    今までしたことのない裁断や縫いに挑戦するとワクワクします。
    よりクラシックな雰囲気に暫くなりそうです。

    作ってしまいました。モヒカンのゴシック趣味満載のセットアップ。
    装飾美術館に行って、この布地ならこうなってしまうでしょう…。

    IMG_7243.jpg

    フワフワして縫いにくい…
    でも、とっても綺麗。

    IMG_7276.jpg

    袖を外している状態です。
    より立体的に裁断、縫製してみました。
    アイロン使いをより丁寧にするとシルエットが柔らかくなりました。

    IMG_7277.jpg

    ベストを着用しているように見えます。

    IMG_7284.jpg

    ウエストを5㎝程高い位置でくびれさせて、二段のフリルにしているのでより細いウエストが強調されています。
    実際はそんなにきつく締めていません。

    IMG_7278.jpg

    袖を片腕5本のリボンで結んで付けます。
    中の白い布地が肘の曲げ伸ばしでプルプルするように割りました。

    IMG_7280.jpg

    可愛い…

    IMG_7279.jpg

    可愛すぎる…?

    IMG_7281.jpg

    ここまで来たらやりたいようにやるんだぁ~!!
    手首もふんだんな布地がギュウギュウになってます。

    IMG_7282.jpg

    フロントもお花を縫い付けてグラデーションにしました。

    IMG_7283.jpg

    これでも飽き足らず、写真撮影後にスカートにお花を縫い付けてしまった。
    こういう装飾性の高いものも作ってみたかった。
    2パターンで着れるので面白いと思います。
    見るより、着たほうがしっくりきます。

    ふぁ~~~なんだかスッキリです。作りたくても中々作れず状態だったので。
    どんどん作りたいものを作ります。


    リンク
    カテゴリ
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。