FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    帰って参りました。
    初めてのロンドン、そして、年2回のパリ布地仕入れ旅は最後に多少の難はあったものの楽しく有意義なものとなりました。
    無事に帰ってこれてよかった!
    ロンドンへはアンティークのボタンと布地の仕入れを目的に行きました。
    ボタンはパリとはまた違った魅力で新鮮でした。
    いっぱい買っちゃった。
    ボタンは洋服のアクセサリーになるので重要です。
    布地は出会いがなく諦めてパリに託しました。

    ビクトリア&アルバート美術館に行くまでの道程。
    ロンドンの装飾美術館も見ておかないと…。

    DSCN0097.jpg

    エントランスの美しさ…感動です。
    自然光がまぶしく、一瞬巨大な生物が浮いている様な感覚になります。
    ゴテゴテしていなくて新鮮でした。

    DSCN0102.jpg

    うっとり♡この後ろ姿…最高です。
    1800年代のドレスは大好物。
    かなり私は影響されています。

    DSCN0105.jpg

    プックリお袖をさらに強調!
    ここまでやってみたい…

    DSCN0113.jpg

    装飾美術館なのでアクセサリーも充実。
    あまり興味の無い私でも見ても見ても起きないほどの至高の装飾性です。
    これは中でも私好みのモチーフ。バッグとかが可愛い。

    DSCN0165.jpg

    ナショナルギャラリー、大英博物館、テートモダン、テートブリテン…主要美術館は何とか行けました。
    ロンドンの公営の美術館は無料なんです。行き放題!

    DSCN0169.jpg
    ついつい目に入ってくるのはドレスのパーツ。
    この袖…綺麗だわぁ~

    DSCN0174.jpg

    ロンドン4日間は予定を詰め過ぎて朝から夜遅くまで歩き通しでした。
    主要な老舗の百貨店にも足を運び、デザイナーズブランドの作品も手に取り見ることが出来ました。
    正直ロンドンの方が私には居心地が良い。
    開放的なスタイルが面白い。
    初めて行ったので、新鮮だったかな?
    ロンドンの人は出会う人皆おおらかで優しかったぁ~(*´ω`*)
    マーチン工場にも列車とバスを乗り継いで行きました!
    made in Englandのマーチンを求めて。
    帰りのバスが1時間に1本なのに、目の前で通り過ぎて愕然。悲しみに暮れつつバス停に居たら、地元の夫婦に駅まで乗せて行ってもらいました。明るく声をかけてもらい、同じくマーチン工場のショップに居たという事で、マーチン仲間で楽しい会話が弾む車中。帰ってもっと英語を頑張るぞ!

    コメントの投稿

    非公開コメント

    リンク
    カテゴリ
    検索フォーム
    月別アーカイブ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。